無洗米の味は、ピンからキリです。価格を優先するか品質を優先するか迷います。

こんにちは。まつです。今日もご覧いただきましてありがとうございます。

ゴールデンウイークがはじまりました。いかがお過ごしですか。私は、ゴールデンウイーク中は仕事が休みなので自宅にゆっくりと過ごしています。

仕事をしているときは、会社の食堂などで食べるのですが、休みの日は自分でご飯を炊いたりと結構大変です。昨日も早速、先週ドン・キホーテで購入した無洗米を炊きました。5kgあった無洗米もあっという間になくなりそうです。

先日も書きましたが、ドン・キホーテで購入した新潟産こしひかりの無洗米がおいしくてごはんがすすみました。ごはんがおいしいとより一層おいしく食べられます。

 

無洗米は一人暮らしの男性でもおいしく炊けます

無洗米のいい点は、洗わずに炊けるのが1番の魅力です。結構ごはんを洗う作業って大変なんですよね。研ぎ方も意外とむずかしいですし、研がずに炊ける点が1番の魅力です。水道代も節約できる点もおすすめのひとつです。無洗米の価格は、普通のお米より若干高めですが、研がずに炊けて水道代なども節約できる点を考慮すると便利でお得で一人暮らしの方にも快適です。

 

無洗米は価格を優先するか品質を優先するか

無洗米もたくさんの種類があり、どれを選ぶか迷うときがあります。結局のところ、価格を優先するか品質を優先するかで決まると思います。私の経験からすると、価格の安い物はそれなりの商品です。少し価格が高めだけど品質がすばらしいなどピンからキリです。

でも、パッケージの商品名に新潟県産こしひかり100%など書かれているとつい食べたくなってしまいます。やっぱり新潟県産こしひかり100%のキャッチコピーに魅力を感じます。1度は食べてみたいなと。

このように、無洗米は一人暮らしの男性でも上手においしく炊くことができます。毎日食べる物なので自分にあったお米を選びたいですね。


この記事の著者

まつ

普段食べているご飯など便利で水道代など節約になる無洗米を紹介していきます。一人暮らし15年目の30代独身男ですが、無洗米のおかげで便利な食生活を送っています。毎日の食生活には欠かせないおいしい無洗米の魅力など紹介していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク



ページ上部へ戻る